Nov 24. 2016

【Press】『Tarzan』No.708

『Tarzan』No.708にて、RIVORAのニットをご紹介いただきました。

素肌に着ることもできて、家で洗濯ができるニットが欲しい。

そんな思いから開発された商品で、内側はリネン100%、外側がウォッシャブル・ウール。

この2種類の糸からできる編み地を接結しています。

 

tarzan_11-24_rivora

Nov 19. 2016

【Press】「ROCKIN’ON JAPAN」(12月号)

「ROCKIN’ON JAPAN」(12月号)でflumpoolのヴォーカル山村 隆太さんに、

RIVORAの16-17AW Collection、Tweed Coatを着用いただきました。

愛知県の機屋さんで作ったオリジナルのツイード生地で、

単色ではなくメランジェになるように色々2色を掛け合わせて作っております。

ライナーのキュプラの色がまたキレイなのでぜひ店頭でご覧くださいませ。

どうもありがとうございます。

rockinon_japan_12_rivorarockinon_japan_12_rivora_2

 

 

Oct 27. 2016

【Press】『men’s FUDGE』(12月号)

『men’s FUDGE』(12月号)にRIVORAのニットが登場しております。

モヘアのカラーニットは、全3色。赤、青、黄色です。

どれも単色ではなくメランジェ調の糸を使用しておりますので、

ナチュラルな印象があります。

 

もうひとつは、Wool 100%の糸と、モヘアの糸を一緒に編み上げた

風合いと適度な肉厚感のあるニットです。

左袖に編み込まれたレザーテープは、一着ずつ手で編み込んでいます。

RIVORAのニットは糸もニット工場さんもすべて国内で製造されています。

ぜひ、お手にとってご覧くださいませ。

mensfudge_12_rivoramensfudge_12_rivora_2mensfudge_12_rivora_3mensfudge_12_rivora_2

Sep 28. 2016

【Press】『OCEANS』(11月号)

『OCEANS』(11月号)に、RIVORAの別注ニットが紹介されました。

こちらは、全国の高島屋さんで展開されているセレクトショップCS Case Studyさんの

15周年アニバーサリーということで、別注で作らせていただいたニットです。

ご紹介文にあるようにボーダー部分に使われている糸はシルクモヘアの糸を、

糸の段階でリリアンに編み込んでおります。

ちょっと複雑ですが、その編み糸をさらにリブ編みに落とし込むには、

高い技術力が必須となります。

川下の糸づくりメーカーさん、それからニット工場さんには、本当に苦労をかけた一品でした。

ぜひ、お手にとってごらんくださいませ。

oceans_11_rivora

oceans_11_rivora_takashimaya

Sep 28. 2016

【Press】『LEON』(11月号)

『LEON』(11月号)にRIVORAの新作、SILK COTTON Layered T-ShirtsのWhiteが掲載されています。

120番手というかなり細番のシルクコットンを、4本引き揃えして編み立てたオリジナルのカットソー生地は、

薄手ではありますが、それをLayeredという名の通り、二重のカットソーに仕上げることで、

縫製の縫い目がシームレスになり、肌への当たりもないという、着心地抜群のカットソーです。

ちなみに長袖もございます。

また、『LEON』さんは15周年を迎えられたとのこと。おめでとうございます。

leon_11_rivora

leon_11_rivora_page

 

 

2 / 1312345...10...最後 »