Sep 12. 2014

RIVORA JEANS

 

We lanch new line / RIVORA JEANS.
We want to make the product for our friends.
At this time, we interview to a novelist and a photographer
who are friends and fun of our brand!!!

Model ; Typewriter   × TOMOYUKI HOSHINO, novelist
Model ; Forcus        × TAKASHI ARAI, photographer

 

We make the special fabric.

Mixed Silk and Cotton.
So we can see the differece in the touch.
Never before solf and comfortable denim.

 

 

RIVORA JEANS

 

RIVORA JEANS

 

新しいラインをはじめました。RIVORA JEANSです。
ちょうど、ブランドが10回目のコレクションのタイミングでした。

RIVORAは「川のように」たくさんの人との関わりが
ブランドを育てていくという考えではじまりました。
このコンセプトの通り、身近な大切な人たち、その考えに
私達がいつも刺激をもらっている人たちに、毎日でも履きたいと
思ってもらえるようなデニムを作りたいと思いました。

すっかりファッションアイテムとして定着したデニムですが、
それは、常に「これを履いてここに入れるか」という
問い/葛藤を与える衣装であり、また、それを「OK」と踏み込む瞬間に起こる
心の「越境」はデニムだけが持つ魅力だと思います。

ファースト・シーズンは、2モデルを発表します。

 

Model ; Typewriter   × TOMOYUKI HOSHINO, novelist
Model ; Forcus           × TAKASHI ARAI, photographer

 

ブランドがまだスタートした頃からお世話になっている、
小説家の星野智幸先生と、写真家の新井卓さんにご協力をお願いして、
彼らが欲しいと思うようなデニムを目指しました。

 

星野さん

「柔らかく締めつけないデニムがあれば」
「選考委員として授賞式等に出席する時、カジュアルでもフォーマルでもなく見えるものとして着たい」

 

新井さん

「気に入ったものを使い古して同じ型のものを買いたいと思っても、二度と見つからないのが常。
同じものを作り続けてほしい」「自分の脚に合うものを探すのが至難です」

 

素材には、綿にシルクを混ぜたこだわりの復刻生地を使用しており、
独特の光沢感と毛焼きしないことで出るネップ感が特徴です。

 

 

Jul 24. 2014

like bread crust

 

R10-MFS001_050Blue_7

 

c/# 050 WATER BLUE

R10-MFS001_050Blue_10

 

Another Color

c/# 040 NAVY

R10-MFS001_040NAVY_20

For Takashimaya Special Edition

R10-MFS001-SE

¥25,000(¥27,000)

Jun 28. 2014

本の出版のお知らせ

———————————————————————————————————

『1985/写真がアートになったとき』粟生田弓・小林杏編著、青弓社刊

———————————————————————————————————

1985/写真がアートになったとき

 

 

RIVORAのマネジメントを務めている粟生田弓が、

長年、専門としてきた写真について、共編著にて本書を刊行いたします。

 

***

こんばんは!

この度、出版社の青弓社さんより、写真文化論を専門とされる小林杏さんとの共編著で、

『1985/写真がアートになったとき』を刊行いたします。

この本は、RIVORAにも日々素晴らしい関係や影響をもたらしてくれている「写真」を

愛してやまない7人の執筆者により、編まれました。

 

写真が好きな人には、ぜひ、手に取って頂きたい1冊です。

写真とアートが接するところで、長年活躍されてきた方々へのインタビューを中心に、

ここでしか聞けない貴重な話が満載です。

–  ブレッソンやブラッサイって、どんな人だったの?

–  写真作品の買付けってどうやってするの?

巨匠アンリ・カルティエ=ブレッソンやブラッサイから直接ヴィンテージ・プリントを買付けてきた

ZEIT-FOTO SALONの石原悦郎氏へのインタビューでは、森山大道さんとのエピソードなどなど。。。

いまの、この写真をめぐる状況はどんなふうに出来てきたのか、その真相に迫ります。

カバーデザインにもRIVORAとして協力させていただきました。

2014/06/30発売予定です。ぜひ、書店でお手に取ってご覧下さいませ!

 

……青弓社 web 紹介文より……

「1985年に設立された日本初の写真美術館=つくば写真美術館。

この美術館がもった意義や写真というメディアの可能性を石原悦郎や飯沢耕太郎、

伊藤俊治、金子隆一らの語りやインタビューから明らかにして、

写真がアートになった〈1985 〉のインパクトを照射する。」

 

http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-7353-6

 

 

Jun 12. 2014

14AW Pre-Order Collection

この週末、京都のMINDTRIVEさんと、福岡のMinorityrev hiraoさんで、

RIVORA Pre-Order Collection AW2014として、来季の新作をご覧頂けます。

福岡のminorityrevさんは14AWからのお取扱スタートで、初めての先行受注会です。

 

2014. 6.14 sat. – 15 sun.

12:00 – 20:00

MINDTRIVE / kyoto

——————————————————————————————-

2014. 6.14 sat. – 22 sun.

12:00 – 20:00

Minorityrev hirao

http://minorityrev.com/blog/detail.php?u=1 

 

お近くのみなさま、お店でお待ちしております!

Rivorajeans_受注会

 

 

Jun 04. 2014

New publication of Tomoyuki Hoshino “夜は終わらない”

5月

RIVORAのことを好いて下さっている小説家の星野智幸さんの新刊、

『夜は終わらない』(講談社刊)が絶賛発売中です!

 

私も、一週間かけて夜な夜な読書しておりました。

小説の中で、物語が何層にも折り重なり、まるで、この本1冊が複雑なテキスタイルのようでした。

入口と出口とでは世界がまるで異なっている、不思議な世界観に浸りました。

星野作品の魅力は、たとえば幸せという感覚を描く場合でも、

その表裏一体にある恐怖や嫉妬、孤独感も捉えてしまうような、

極めて小さな個人的な関係性の中にあるデリケートな心の機微が、

社会の話に敷衍していくダイナミックさだと思います。

自分の立場を揺さぶられる刺激的な読書が楽しめます!

 

さて、実は、14-15AWから、RIVORA Jeans という新しいラインを立ち上げました。

ファースト・シーズンは2型からのスタートですが、

この内の1型は星野智幸さんにご意見を伺いながら作った

“ 小説家のためのデニム” その名も、Typewriterです。

店頭に並び始めましたらまたお知らせさせていただきます。

 

ご紹介させて頂いた本は、こちらです。

hoshinosan

 

 

13 / 14« 先頭...1011121314